FX自動売買 FX業者 PAMM口座開設 FX口座開設 海外ビジネス
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
リスク警告

FX投資はハイリスクです、利益を100%保証する方法が存在しません。
本ブログ紹介している投資方法のご利用は自己責任でお願いします。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、高松です。


カカクコムでお馴染みだったJForexがFXDDで登場しました!

詳細はこちら
↓↓↓
http://www.fxdd.jp/

スプレッドも狭く、約定力もある
FXDDが提供するJForexのプラットフォームは世界最高水準です!

iPhone対応、iPad対応してます。

今だけキャンペーンを利用すると
JForexへの新規入金に対して8%のキャッシュバックボーナスがあります。


3月15日までJForex新規入金キャンペーン期間ですので、
無料でも口座開設出来ますので、
これを機にJForexの優秀さをぜひ実感してみてください。

http://www.fxdd.jp/

FXDD Jforexデモ口座の申請はこちら:
http://www.fxdd.com/mt/jp/software/professional/jforex.html

FXDD Jforexトレーディングプラットフォームのダウンロードはこちら:
http://www.fxdd.com/mt/jp/software/downloads.html?platform=jforex


スポンサーサイト
スプレッド競争は継続中

 FX会社のサービス競争が激しくなっている。スプレッドの縮小から、初心者向けのやさしいテクニカル分析ツールのリリース、大物エコノミストを招くなど、各社が個性あるサービスを発表しているので、ざっと概観していこう。

 FX会社が利用者に提供できる最大のサービスは、やはりスプレッドの縮小だろう。スプレッド面では夏ころからDMM.com証券やGMOクリック証券などによる競争が続いているが、その急先鋒であるSBI FXトレードは米ドル/円1万通貨までのスプレッドを0.11銭へ、50万1通貨から100万通貨までを0.48銭へと縮小した。11月8度目のスプレッド縮小となる。
楽天証券のFXが全面リニューアル

 取引ツールでの新規サービスでは、DMM.com証券がチャート機能を強化したほか、上田ハーローが「テクる」の提供を開始した。テクニカル分析上の重要なポイントをリアルタイムで計算してくれる取引支援システムで、試してみる価値はありそうだ。

 こうしたテクニカル分析の機能強化は、ネット証券大手も進めている。野村證券でも取引機能を強化しているし、楽天証券では来年1月の「新楽天FX」としてのリニューアルへ向けて、評価版の取引を11月から開始した。楽天証券の取引ツール「マーケットスピード」は株式トレーダーの間では定番となっているが、そのFX版ではあまり利用者を見かけない。このあたりが強化されてくれば面白そうだ。
大物エコノミストの招請も

 情報面で面白そうなのが、マネースクウェア・ジャパン。「市場情報室」を新設し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で経済調査部長、チーフエコノミストとして活躍した大物エコノミストの西田明弘氏を招いて、本格的なファンダメンタルズ分析のレポートを発行している。

 その他にも、ヒロセ通商がMacユーザーに向けてMac対応のFX取引アプリを開発中だったり、FXプライムではバイナリーオプションの「選べるHIGH・LOW」を全面的に刷新したり、あるいはセントラル短資FXが人民元/円の通貨ペアを扱い始めたりと、会社ごとに方向性が違うのも面白い。気になる新サービスがあれば、試してみよう。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/fx/tokudane/20121128-OYT8T00438.htm
取引は決済のみに制限

 米国のFX大手GFT社がリテール(個人投資家向け)FX事業からの撤退を発表した。日本で最近は存在感を薄めていたが、2006年から日本に進出し、取引ツールの高機能さもあって一時は多くの個人投資家に利用されていた。利用者への影響が気になるが、GFTは経営破綻したわけではなく今後も法人向けの取引は継続していくようなので、大きなトラブルになることはなさそうだ。

 今回の発表があったのは12月3日の早朝。取引開始時刻が7時から9時へと変更される発表のあと、リテール事業からの撤退が発表されて新規の取引ができなくなり、決済のみへと取引が制限された。4日の時点で、同社によれば決済の期限は未定で、詳細が決まり次第、ホームページやメールを通じて案内するとのこと。他社への口座の移管もあるようだが、こちらも詳細はまだ発表されていない。
証券会社の多数がGFTのシステム利用

 GFTに口座を持っていない人でも影響の出る可能性がある。GFTは証券会社などにシステムを提供していたためで、安藤証券や岩井コスモ証券、エイチ・エス証券、内藤証券などのFX口座は、GFTのシステムを利用していたようだ。これらの証券会社でFX口座を持っている人は、案内に気をつけておこう。

 またGFTではCFDも取り扱っており、FX同様にリテール事業から撤退する。SBI証券やインヴァスト証券、ドットコモディティなどのCFD取引はGFTのシステムを利用しているようなので、やはり注意しておこう。
日本でも存在感高かったGFT

 今でこそFXの取引ツールは「メタトレーダー4」が主流となっているが、以前はGFTの「DealBook」を愛用する人も多かった。テクニカル分析を豊富に搭載していてチャートへラインなども引きやすく今、上級者と呼ばれる人たちには「DealBook育ち」の人も多かった。

 この数年、日本ではスプレッド競争が激化し、コスト面よりも取引ツールや約定力など品質を追求していたGFTはコスト競争力を失っていた。それとともに取引ツールとしてはメタトレーダー4が主流となり、またDealBookは高機能すぎて初心者には扱いづらいといった評もあり、GFTの存在感は徐々に薄らいでいた。日本でFXが広まる過程においてGFTの果たした役割は大きかったはずで、その撤退は寂しさもあるが、大きなトラブルにならないことを祈るばかりだ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20121206-OHT1T00258.htm
FXの勝てる確率とは、何分の1でしょうか?


『レートが上がるか下がるか、だけだから1/2でしょ!』


と誤解する方が多いのですが、
確かに厳密に言えば1/2です。


しかし、実際は1/3です。


もう1つとは、上にも下にも行かない横です。

ここで誤解のないように説明しますが、横一直線という
ことではないです。チャートでティックを除いて
横一直線ということは、ほぼありません。


例えば、ポジションを作りプラスマイナスゼロの地点を
行ったり来たりする状態です。これをレンジと言います。


『行ったり来たりしてるんであれば、

プラスになったときに、利食いすればいいのでは?』


そうです。
プラスになったときに利食いすればいいのです。

言うのは簡単ですが・・・


プラスになったときにもっと利益を伸ばしたい
と思いませんか?

利食いした後、下がったときにまた買えばいいと思って
いたけれど、今度は下がらずに上がり続けたら
今、利食いをしない方がいいと思いませんか?

もしかして、もう行ったり来たりしないのでは
と思いませんか?


これらの考えが浮かぶのは当たり前です。
まして、レンジを突き抜けたときは突き抜けた方向に
進みやすいのです。

利食いをして利益を確定し、新たにポジションを
作るのか、そのままポジションを持ち続けるのか、
持ち続けた場合、損切り値を引き上げるのか、など

いろいろな選択肢があります。利食いをすれば利益確定
で安心ですが、新たにポジションを作るということは、
再度スプレッドを払うことになります。

払うと言っても損失が確定する訳ではありません。


スプレッドとは、売買のレート差です。

続けてこちら

http://fanblogs.jp/walruswkiba/archive/28/0

  11月30日(ブルームバーグ):政府・日本銀行による11月の為替市場介入額 はゼロ円だった。財務省が30日夜に発表した10月30日から今月28日までの「外国為替平衡操作の実施状況」で分かった。円相場は今月中旬以降、主要通貨に対して全面安の展開。野田佳彦内閣は昨年11月5日以降、円売り介入を見送っている。
円の対ドル相場は22日に一時1ドル=82円84銭と約7カ月半ぶりの安値を記録した。来月16日の総選挙に向け、世論調査で首位を走る自民党の安倍晋三総裁が日本銀行の金融政策に関し、明確なインフレ目標の設定と達成まで無制限の金融緩和、日銀法改正、ゼロかマイナスの金利設定、建設国債の買い入れ、官民協調の外債ファンド創設など異例の金融緩和策に次々と言及。これを受けて、9日の高値79円08銭から2週間足らずで4.8%下げた。
6日の米大統領選でオバマ大統領が再選を果たす一方、米議会選では上院は民主党、下院は野党・共和党が過半数を占める「ねじれ」状態が継続。年明けから6070億ドル規模の歳出削減と増税が重なる「財政の崖」への懸念から、リスク回避の円高圧力が高まる場面もあった。しかし、野田首相が14日に衆院解散を表明してからは、次期首相の最有力候補である安倍総裁の発言に注目が集まった。
日銀は10月30日、資産買い入れ等基金の残高目標を11兆円増やすなど、2カ月連続となる追加緩和を実施。欧州債務危機をめぐり、ユーロ圏財務相らがギリシャ救済の条件緩和で妥協する可能性が高まった中旬以降は、円はユーロに対しても下落。26日には1ユーロ=107円14銭と4月27日以来の安値を付けた。
記事についての記者への問い合わせ先:東京 野沢茂樹
米国政府が中国に対するFX操作国の指定を今年も留保した。米財務省は27日に議会に提出した主要貿易相手国のFX政策報告書で、「中国政府が昨年第3四半期以後、外国FX市場への介入を自制してきた。自由な資本移動のための多様な措置も取った」と評価した。続けて「2010年6月に中国がドルペッグ制を管理変動相場制に切り替えてからドルに対する人民元の名目価値と実質価値はそれぞれ9.3%と12.6%切り上げられた。このような努力を考慮して中国をFX操作国には含めない」と明らかにした。米財務省はただし、「人民元は依然として低評価されており、さらなる切り上げ努力が必要だ。今後特に人民元の相場変動を鋭意注視するだろう」と強調した。

米財務省はまた、報告書で韓国の外国FX当局に対しても市場介入を自制することを繰り返し促した。報告書は、「韓国は公式的には市場相場制を採択しているがウォンの変動性を減らすため市場にしばしば介入している。韓国当局を相手に外国FX市場介入を自制し、透明性を拡大するよう持続的に圧迫していく」と明らかにした。
「FXで○億円超脱税」「FXで○億円稼いだ主婦」。2007年~2009年頃、FX(外国為替証拠金取引)で大儲けした人が脱税して立件されるという報道が相次いだ。昨今はこういったFX→大儲け→脱税により逮捕という、いわゆるFX長者の報道も少なくなったが、2012年3月にはFXで3億以上を稼ぎ出したシンガポール在住の自動車部品製造会社役員が申告を怠ったとして逮捕されている。
過去、このようにFXで大儲けして注目を浴びた人たちの中には、いわゆる「素人」や「個人投資家」だけでなく、およそFXなどとは縁遠いと思われる「主婦」や「サラリーマン」も含まれていた。実は、こういった事件で逮捕される人の多くがいわゆる『FX自動売買ソフト』による自動売買で利益を上げていたという。
そんな中、最近話題になっているのが、『FONS(ライズワン)』だ。同ソフトは人工知能搭載のサーバー管理型の売買ソフトで、インストールや設定がわかりやすいインターフェースとなっている。サーバー管理型であるため、ユーザー側のパソコン環境や回線環境に左右されることがない。また、従来いわれていたFX売買ソフトのデメリットである「急な相場環境への脆弱性」「応用が利かない」という部分を人工AIで24時間サポートすることで、リスク管理が可能であることを特長として謳っている。さらに24時間取引が可能なFX市場において、常に最新の情報を“学んで”進化し続けるという点もソフトに任せる利点といえるだろう。
これなら“FX”初心者の記者でもトライしてみることができそうだが、結局、ソフトを扱うのは購入したユーザー。為替レートの変動に欲が出て利益を焦るあまり、自己判断で操作をしてしまい結果的に損をするということもある。FX自動売買ソフトを導入する場合は「ソフトとユーザーがどこで折り合いをつけることが出来るか」が勝利のカギとなるだろう。その結果、うまく折り合いをつけることができれば、今までランチの予算が500円だったというサラリーマンも、『FONS』を導入した1ヶ月後には1,000円にステップアップしていたり、ちょっと豪華な3,000円ランチへ、なんていう贅沢なひと時を手にできるかもしれない。ただし、利益が大きくなるということは損失も大きくなる可能性があるということ。もし皆さんがFX自動売買ソフトを導入してFXにチャレンジしようと考えているなら、取引だけでなく自分自身のリスク管理も必要となることを理解した上で、トライしてほしい。
[詳細はこちら]
現在、『FONS』およびFXの仕組みについて詳しい資料が無料で請求でき、今ならもれなく300円分のクオカードがもらえるキャンペーンを実施中とのこと。興味のある方は、問い合わせてみると良いだろう。
(TechinsightJapan編集部 真下響子)
スプレッド競争は継続中
 FX会社のサービス競争が激しくなっている。スプレッドの縮小から、初心者向けのやさしいテクニカル分析ツールのリリース、大物エコノミストを招くなど、各社が個性あるサービスを発表しているので、ざっと概観していこう。

 FX会社が利用者に提供できる最大のサービスは、やはりスプレッドの縮小だろう。スプレッド面では夏ころからDMM.com証券やGMOクリック証券などによる競争が続いているが、その急先鋒であるSBI FXトレードは米ドル/円1万通貨までのスプレッドを0.11銭へ、50万1通貨から100万通貨までを0.48銭へと縮小した。11月8度目のスプレッド縮小となる。

楽天証券のFXが全面リニューアル
 取引ツールでの新規サービスでは、DMM.com証券がチャート機能を強化したほか、上田ハーローが「テクる」の提供を開始した。テクニカル分析上の重要なポイントをリアルタイムで計算してくれる取引支援システムで、試してみる価値はありそうだ。

 こうしたテクニカル分析の機能強化は、ネット証券大手も進めている。野村證券でも取引機能を強化しているし、楽天証券では来年1月の「新楽天FX」としてのリニューアルへ向けて、評価版の取引を11月から開始した。楽天証券の取引ツール「マーケットスピード」は株式トレーダーの間では定番となっているが、そのFX版ではあまり利用者を見かけない。このあたりが強化されてくれば面白そうだ。

大物エコノミストの招請も
 情報面で面白そうなのが、マネースクウェア・ジャパン。「市場情報室」を新設し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で経済調査部長、チーフエコノミストとして活躍した大物エコノミストの西田明弘氏を招いて、本格的なファンダメンタルズ分析のレポートを発行している。

 その他にも、ヒロセ通商がMacユーザーに向けてMac対応のFX取引アプリを開発中だったり、FXプライムではバイナリーオプションの「選べるHIGH・LOW」を全面的に刷新したり、あるいはセントラル短資FXが人民元/円の通貨ペアを扱い始めたりと、会社ごとに方向性が違うのも面白い。気になる新サービスがあれば、試してみよう。

(2012年11月28日 読売新聞)
最近気になるFXニュース:

有力FX企業15社の月間データランキング-2011年8月-
http://www.yanoict.com/yzreport/191

FX証拠金残高1兆円を突破したらしいが、みんなの投資資産が増えたか減ったかが気になります。

FXトレード・フィナンシャル、「MT4i」の提供開始!
http://japan.cnet.com/release/30007657/
「MT4i」ってなに、と調べてみましたが、
MT4のEAを利用した1クリック注文用EAみたいです。
手動でトレードする方はこういうツールがあるとうれしいですね。
すばらしい!


1億円を作った人の共通点
http://diamond.jp/articles/-/13853
◎性格&生活習慣編◎
→前向きで感情や欲望をコントロールできる!
◆1◆欲望をコントロールできる! 
→太っている人がいない!
◆2◆現状におごらず贅沢しない! 
→意外と生活が質素!
◆3◆将棋や囲碁、麻雀好きが多い! 
→頭脳派ゲームが得意!
◆4◆買い物はブランドより価値を重視! 
→考え方が合理的!
◆5◆規則正しい生活を送る人が多し! 
→時間やスケジュールをきちんと管理!
◆6◆気持ちの切り替えが早い! 
→失敗を引きずらず前向き!
◆7◆控えめで偉ぶらない! 
→自分を盲信せず謙虚!

◎投資方法&ルール編◎
→何もかもに手を出さず手法はシンプル!
◆1◆色々な商品や手法に手を出さない! 
→自分の得意分野だけで勝負!
◆2◆ルールを決めて資金を管理! 
→下がったら損切りを徹底!
◆3◆感情に流されずコントロールできる! 
→自分で作ったルールは必ず守る!
◆4◆過去に固執せず戦略を変更できる! 
→相場の状況に合わせ臨機応変に対応!
◆5◆すぐにやらず、客観的に相場を見る! 
→ベストの売買タイミングを辛抱強く待つ!
◆6◆投資ルールは基本に忠実! 
→シンプルな投資手法で勝負!
◆7◆自分の理論を確立!
→流行に惑わされない!

これ全部できたら、トレードで1億円が夢じゃないですね。









日銀介入第二弾

13:10 ドル円 84.50付近 → 85.35 一気に上昇した。

ポンド円は 132.50付近 → 133.70 

設定した133.50の利食いでボンド円ロングポジションがクローズされました。

今週のドル円は85.00ラインは割れないね。

もちろん今はロングポジションを再度取りました。

ちなみにこのタイミングでサーバー落ちる国内証券会社があったそうです。

リスク分散ということでFXDDの8%入金キャンペンを使って海外口座を作ることがお薦めです。

追記:
ロングポジション30PIPSで損切りした。
介入という発表がないことで、ポンド円全戻しです。





にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。