FX自動売買 FX業者 PAMM口座開設 FX口座開設 海外ビジネス
2012/101234567891011121314151617181920212223242526272829302012/12
リスク警告

FX投資はハイリスクです、利益を100%保証する方法が存在しません。
本ブログ紹介している投資方法のご利用は自己責任でお願いします。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらのコメント欄をご利用ください。
スポンサーサイト
こちらのコメント欄をご利用ください。
こちらのコメント欄をご利用ください。
こちらのコメント欄をご利用ください。
こちらのコメント欄をご利用ください。
「FXで○億円超脱税」「FXで○億円稼いだ主婦」。2007年~2009年頃、FX(外国為替証拠金取引)で大儲けした人が脱税して立件されるという報道が相次いだ。昨今はこういったFX→大儲け→脱税により逮捕という、いわゆるFX長者の報道も少なくなったが、2012年3月にはFXで3億以上を稼ぎ出したシンガポール在住の自動車部品製造会社役員が申告を怠ったとして逮捕されている。
過去、このようにFXで大儲けして注目を浴びた人たちの中には、いわゆる「素人」や「個人投資家」だけでなく、およそFXなどとは縁遠いと思われる「主婦」や「サラリーマン」も含まれていた。実は、こういった事件で逮捕される人の多くがいわゆる『FX自動売買ソフト』による自動売買で利益を上げていたという。
そんな中、最近話題になっているのが、『FONS(ライズワン)』だ。同ソフトは人工知能搭載のサーバー管理型の売買ソフトで、インストールや設定がわかりやすいインターフェースとなっている。サーバー管理型であるため、ユーザー側のパソコン環境や回線環境に左右されることがない。また、従来いわれていたFX売買ソフトのデメリットである「急な相場環境への脆弱性」「応用が利かない」という部分を人工AIで24時間サポートすることで、リスク管理が可能であることを特長として謳っている。さらに24時間取引が可能なFX市場において、常に最新の情報を“学んで”進化し続けるという点もソフトに任せる利点といえるだろう。
これなら“FX”初心者の記者でもトライしてみることができそうだが、結局、ソフトを扱うのは購入したユーザー。為替レートの変動に欲が出て利益を焦るあまり、自己判断で操作をしてしまい結果的に損をするということもある。FX自動売買ソフトを導入する場合は「ソフトとユーザーがどこで折り合いをつけることが出来るか」が勝利のカギとなるだろう。その結果、うまく折り合いをつけることができれば、今までランチの予算が500円だったというサラリーマンも、『FONS』を導入した1ヶ月後には1,000円にステップアップしていたり、ちょっと豪華な3,000円ランチへ、なんていう贅沢なひと時を手にできるかもしれない。ただし、利益が大きくなるということは損失も大きくなる可能性があるということ。もし皆さんがFX自動売買ソフトを導入してFXにチャレンジしようと考えているなら、取引だけでなく自分自身のリスク管理も必要となることを理解した上で、トライしてほしい。
[詳細はこちら]
現在、『FONS』およびFXの仕組みについて詳しい資料が無料で請求でき、今ならもれなく300円分のクオカードがもらえるキャンペーンを実施中とのこと。興味のある方は、問い合わせてみると良いだろう。
(TechinsightJapan編集部 真下響子)
スプレッド競争は継続中
 FX会社のサービス競争が激しくなっている。スプレッドの縮小から、初心者向けのやさしいテクニカル分析ツールのリリース、大物エコノミストを招くなど、各社が個性あるサービスを発表しているので、ざっと概観していこう。

 FX会社が利用者に提供できる最大のサービスは、やはりスプレッドの縮小だろう。スプレッド面では夏ころからDMM.com証券やGMOクリック証券などによる競争が続いているが、その急先鋒であるSBI FXトレードは米ドル/円1万通貨までのスプレッドを0.11銭へ、50万1通貨から100万通貨までを0.48銭へと縮小した。11月8度目のスプレッド縮小となる。

楽天証券のFXが全面リニューアル
 取引ツールでの新規サービスでは、DMM.com証券がチャート機能を強化したほか、上田ハーローが「テクる」の提供を開始した。テクニカル分析上の重要なポイントをリアルタイムで計算してくれる取引支援システムで、試してみる価値はありそうだ。

 こうしたテクニカル分析の機能強化は、ネット証券大手も進めている。野村證券でも取引機能を強化しているし、楽天証券では来年1月の「新楽天FX」としてのリニューアルへ向けて、評価版の取引を11月から開始した。楽天証券の取引ツール「マーケットスピード」は株式トレーダーの間では定番となっているが、そのFX版ではあまり利用者を見かけない。このあたりが強化されてくれば面白そうだ。

大物エコノミストの招請も
 情報面で面白そうなのが、マネースクウェア・ジャパン。「市場情報室」を新設し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で経済調査部長、チーフエコノミストとして活躍した大物エコノミストの西田明弘氏を招いて、本格的なファンダメンタルズ分析のレポートを発行している。

 その他にも、ヒロセ通商がMacユーザーに向けてMac対応のFX取引アプリを開発中だったり、FXプライムではバイナリーオプションの「選べるHIGH・LOW」を全面的に刷新したり、あるいはセントラル短資FXが人民元/円の通貨ペアを扱い始めたりと、会社ごとに方向性が違うのも面白い。気になる新サービスがあれば、試してみよう。

(2012年11月28日 読売新聞)
各種類のFX広告記事を募集します。

詳しくは問い合わせフォームにご連絡ください。


高松祐亮

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。